top of page
検索

ACプラザにて、「宮っ子講談LIVE」「子どもやぶさめ大会」「秀郷のサンバイザーぬりえ」in ヒビコレ文化祭を開催しました!-2023年11月19日



こんにちは、事務局のあやめです。


11月19日 日曜日。

宇都宮オリオン通り内にあるACプラザでは、ヒビコレ文化祭と同時に「宮っ子講談LIVE」・「子どもやぶさめ大会」・「秀郷のサンバイザーぬりえ」が開催されました!


「ヒビコレ文化祭」とは、シニアと家族のWeb&折込情報紙『ヒビコレうつのみや』が毎月開催している『ヒビコレ文化教室』の生徒さんの発表会のことです。

ヒビコレ文化教室は、遊び筆文字教室・初心者写真教室・金継ぎ体験教室の3種類が月一回開催されており、作品を展示している中、ヒーローにする会のイベントも共に開催いたしました。



「宮っ子講談LIVE」では、当会会員の都 宮子さんに、オリジナル講談『藤原秀郷物語』を読んでいただきました!

クスリと笑ってしまう雑談から始まり、宮子さんの世界にどんどん引き込まれていきます。

メリハリのある声とともに表現豊かな表情。そして、どの年齢でも楽しんで聞くことのできる面白い物語ですので、ぜひもっと幅広い世代に聞いていただきたいと思いました。

特に、矢を射抜いたときの独特な効果音も必聴です!

今回ご参加できなかった方は、ぜひ次回の宮子さんの講談を楽しみにお待ちください♪



子どもやぶさめ大会は、想像以上の方々にご参加いただくことができました。

秀郷は弓の名手で、何か秀郷にちなんだイベントはできないだろうか…と考えた時、思い立ったのが''流鏑馬''。


馬はなんと、私も子どもの頃によくまたがって遊んだ「ロディ」!

しかも今回のロディは、地面を蹴ればスイスイと前に進んでくれる車輪付き。

参加者は小学生が多かったのですが、ロディを目にするなり「昔よくこれで遊んでた」と懐かしむ声が聞こえてきました。

的に矢が刺さった方には、オリジナルキラキラカードをプレゼントし、刺さらなくても参加賞として缶バッチをプレゼントしていて、キラカードはやっぱり秀郷が一番人気でした…!

矢を射たとき、ヒビコレ文化祭のギャラリーを見にきていたお客様も「すごい!」「惜しい!」などと声をかけて盛り上げてくださって、大変温かいイベントになったと感じています。

秀郷のサンバイザーぬりえも同様に、こどもだけでなく、大人まで楽しんでいただける、よいイベントになりました!



ご参加くださった皆さま、誠にありがとうございました!

次回のイベントは、大人もこどもも楽しく「藤原秀郷」について学びながら樹脂粘土を使ったワークショップを行う予定ですので、ご興味のある方、気になった方はぜひご参加ください♪

 

◆藤原秀郷をヒーローにする会 会員募集中!


歴史が苦手でも大丈夫!子供から大人まで年齢制限はありません!

「栃木を盛り上げたい!」という思いだけで大丈夫です!

私たちと一緒に「藤原秀郷」を栃木に、全国に、世界に伝えましょう!




Comentários


■ カテゴリー別

■ 最新記事

おすすめページ

bottom of page