検索

秋祭り「菊水祭」と秀郷伝統の流鏑馬。

最終更新: 2020年10月2日

 

 爽やかな空気が気持ちいい秋10月。今回は少し宇都宮の歴史のひとつを紐解いてみましょう。宇都宮の秋の楽しみといえば、二荒山神社の秋祭り「菊水祭」です。菊水祭は、二荒山神社の年に一度の例大祭:秋山祭の付祭で、1673年(寛文13年)から続いている歴史ある祭りで、重陽の節句(菊祭)に行うようになって菊水祭と呼ばれるようになりました。見どころの一つは、2日間にわたって行われる「鳳輦渡御」で、二荒山神社の祭神「豊城入彦命」(第10代崇神天皇皇子)を鳳輦とよばれる輿に乗せ、市内を渡御します。真っ赤な天狗の面を被って高下駄を履いた猿田彦が先頭を堂々と歩き、後を大榊、獅子頭、錦旗や宮司、町役などが続く時代絵巻になっています。そして、もう一つが二荒山神社前の広場で行われる流鏑馬です。古式姿の武者が、宇都宮中心街のビルの谷間で行う珍しい流鏑馬で、現代と古代が同時に感じられる壮観な神事です。流鏑馬が実戦的な弓術として確立したのは、下野国国司で最初の武士のひとりで、我ら栃木のヒーロー藤原秀郷を中心とする武士たちが、兵法の修練のため平安時代に始めたといわれています。藤原秀郷は文武に秀でた武士で、弓術や乗馬が得意で、その流れをくむ後の多くの武将たちによって騎馬弓術が洗練されて伝えられました。「吾妻鏡」には、鎌倉幕府の源頼朝も、秀郷の子孫である西行法師(佐藤義清)を館に招いて、秀郷流流鏑馬の諸式や弓馬故実の教えを受けたと記されています。菊水祭の流鏑馬を見て、遥か平安の歴史を感じてみるのも、また楽しいと思いませんか?


2019.10月

文 栃木の武将藤原秀郷をヒーローにする会 局長/岡田 康男

イラスト デザイナー/田代夏子

■ 次のコラムを読む(2019.11月) ■ 前のコラムを読む(2019.9月)

■ カテゴリー別

■ 最新記事

1/18

関連ページ

■ お知らせ

​1月23日(土曜)

藤原秀郷フォーラム3

『栃木の藤原秀郷から始まった武士の成立』開催

1月秀郷フォーラムチラシ.png

「武士」はいつ頃、どのような経緯で生まれたのでしょうか?

今回は、藤原秀郷研究の第一人者で、栃木県立博物館の学芸員である山本享史氏より、「武士のはじまりの一人、藤原秀郷を中心とした武士の成立」をテーマに講演いただきます。

会場参加 受付終了

zoom視聴のみ受付中です!

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram
栃木の武将『藤原秀郷』をヒーローにする会
​一般社団法人 武将伝説

〒320-0057 栃木県宇都宮市中戸祭1-4-5

☎︎ 028-622-5156(株式会社みやもと) 

みやもと_ロゴ_アートボード 1.png

COPYRIGHT 2000-2020 MIYAMOTO CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.