top of page
検索

【第32回】 藤原北家ってな〜に?


はじめての歴史ブログ 第32回

ライター記者:ゆめか




みなさんこんにちは!


前回の記事では、みなさんもおそらく「なんで?」と思っていた歴史人物の名前あるある「〇〇の〇〇」の「の」について歴史初心者目線で書いてみました!事務局長の岡ジィの知識には毎回驚かされます。。。なるほど!だらけのブログでした♪


▼前回【第31回】 武将の名前あるある「〇〇の〇〇」”の”ってな~に?▼













では!今回のブログに参りましょう!

今回は、秀郷活動をしていて何度も目にしてきたワード「藤原北家」とは一体なんなのか?!みなさんと一緒に見ていきたいと思います!!歴史苦手目線ですが、わかりやすくお伝えできればと思います!(レッツゴー!)





■そもそも「藤原氏」って?


「藤原氏」については、ブログの第12回にてサラ~っと書いてみてはいましたが、、

すっかり頭から飛び抜けて行ってしまいました。。。


もう一度、みなさんと一緒に復習したいと思います!


12回目のブログでは、このように書いていました!


 

藤原氏の始まりは飛鳥時代の乙巳の変を起こした「藤原鎌足(かまたり)」から始まったとされていますが、そこから奈良時代…平安時代…鎌倉時代へと藤原氏の時代が始まるようなのです!


 

そうでしたね…!!!「藤原氏」と聞くとたくさんいるイメージがあります。。。でも、その「藤原氏」の始まりの人物は「藤原(中臣)鎌足 ふじわら の かまたり」だったのでした!!(ジワジワ…)



▼【第12回】「藤原氏」って一体何者?










■「藤原北家」とはどこから生まれたワード??



「藤原氏」は藤原鎌足から始まり、どんどん勢力(権力などなど)を広めていくようなのですが、その息子「不比等 ふひと」の子供たちがすごかった…ようなのです!


【坂東武士図鑑】の「カンタン年表」をジーっくり見返してみると…! 不比等の息子は4人!いたました。


・武智麻呂(むちまろ)

・房前(ふささき)

・宇合(うまかい)

・麻呂(まろ)


この4人をズバリ!「藤原四兄弟」と呼ぶようです!(お~、なんかカッコイイ)


少し詳しく調べてみると、


「藤原四兄弟」とは、奈良時代前半に政権(国の政治機構を動かす政治権力のこと)を握った「藤原不比等の4人の息子を指す歴史用語」とのことなのです!


そして、彼らの家ごとに名前がありました!


武智麻呂=「○家」…こんなイメージです!


ふわ~っと「藤原北家」が見えてきた気がします。。。!!




■「北家」とは???



では、「北家」とは一体誰から始まった家なのでしょうか??


カンタン年表を見てみると…書いてありました!



・武智麻呂=南家

・房前=北家!

・宇合=式家

・麻呂=京家


発見!「北家」は「藤原房前 ふじわら の ふささき」という人物から始まったのですね!!


(「ふひと」に「ふささき」に、、今ではないネーミングセンス。。。ですね!)










つまり!「藤原北家」の始まり(開祖)は「藤原房前」とのことなのです!


↓この人 (【坂東武士図鑑】房前イラスト)














■秀郷と「藤原北家」


四兄弟の子孫はどんどん派生していき、有名な人物も実は四兄弟の子孫だった!?ということがよくあるようなのですが、「藤原北家」の子孫の中には、私たちも知っているあの!栃木の武将「藤原秀郷」がいるんです!!!


秀郷の先祖を遡ると「藤原北家」の開祖の「藤原房前」に行き着くのです!!(びっくりっ!)



ここにも、秀郷と有名歴史人物の繋がりを発見することができました♪

「藤原北家」は2022年NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に登場する武将たちとも深い関係があり、点と点が繋がってきて、秀郷の輪の広がりが見えてきました!


栃木の武将「藤原秀郷」は今となっては忘れ去られてしまっている武将。。ではありますが、きちんとこうして歴史を遡って見てみると、秀郷の偉大さがどんどん湧き出てきます!


今後も、諦めないで「藤原秀郷」の偉大さや素晴らしさをみなさんにお伝えしていきたいと改めて思いました!



▼「藤原北家と鎌倉殿の13人」についてもっと知りたい!▼












はい!今回のブログはここまでとします!


もう「藤原」という名前はこりごりだぁ~と思われた方も多いかと思います。(汗)そんな方へ朗報です!次回のブログでは、みなさんも一度は聞いたことがある名前「源頼朝」と「藤原秀郷」の意外な関係について書いて見たいと思います!

いつも最後まで愛読いただきありがとうございます!

では!次回のブログでお会いしましょう~♪







*English summary*

“Fujiwara Hokke” is a name a cadet branch of the Fujiwara clan. It was founded by Fujiwara no Fusasaki who is a son of Fuhito. Fusasaki had three brothers: Muchimaro, Maro, and Umakai. These four brothers are known for having established the "four houses" of the Fujiwara. They are called “Nanke” “Shikike” and “Kyoke”. Tochigi’s busho “Fujiwara no Hidesato” is a descendant of Fusasaki, which means he is called “Fujiwara Hokke”. There are many Bando-Bushi/samurai from Fujiwara Hokke.



▼Get to know more about Bando Samurai▼




▼ 下のタグから共通記事・ページをご覧いただけます♪ ▼

Σχόλια


■ カテゴリー別

おすすめページ

bottom of page