top of page
検索

【活動報告】11月2日(水)坂東最強!小山氏読本を小山市に寄贈しました!


左 : 水野 拓昌 中央 : 浅野 正富 市長 右 : 宮本 誠


当会顧問にて、坂東武士研究家水野拓昌氏が書き下ろした『小山殿の三兄弟』を、小山市に30冊寄贈してきました。


小山氏の始祖、小山政光は、先祖の藤原秀郷の直系で有る事を誇りに、大田荘より久安6年1150年頃、下野国小山荘を本拠とし小山政光を名乗ります。

源頼朝の父、義朝が下野守だったとき政光はまだ小族でしたが側近として仕え、妻である後の寒川尼を頼朝の教育係=乳母として仕えるように命じられ、その後は政光は下野国の高官として大出世を遂げました。子息の小山三兄弟は鎌倉幕府の超側近御家人として数々の功績を残し・・・。

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』でも、序盤より長兄の小山朝政。中盤では三男のイケメン結城朝光。最近では何故か田舎者扱いの次男長沼宗政と立て続けに出演しています。

新しくなった小山庁舎は西に小山政光築城の小山城跡、東には藤原秀郷創建で秀郷に小山朝政記念碑もある須賀神社、お膝元には家康が関ヶ原の合戦を決めた「小山評定」の地となり近代的天守閣!歴史好きにはたまらない聖地です。


こちらの本を読んでいただき、多くの小山市民の皆さんに坂東最強と言われた『小山氏』やご先祖様『藤原秀郷』の功績を知って頂けましたら幸いです。



▼下の画像をクリックいただくと、購入ページに行けます。



Comments


■ カテゴリー別

おすすめページ

bottom of page