検索

桜の季節には桜餅を食べたい!

最終更新: 10月2日

 

 連日、新型コロナウィルスの報道ばかりで滅入るばかりですが、だからこそ手洗いなどの防御対策をしっかりとって、気持ちも体も負けないようにしたいものです。さて、弥生3月、桜の季節が近づいてきました。今年の桜はどこが最初に咲くだろう?とか、日頃はあまり花に興味がない私でも桜になると話は別で、開花が近づくにつれソワソワしてくるから不思議です。我らが栃木のヒーロー、武将「藤原秀郷」の末裔である歌人の「西行法師」も桜が好きで、奥州からの帰りに大田原の有名なしだれ桜を見て「盛りには などか若葉は今とても 心ひかるる糸桜かな」と詠んでいます。そんな風流な素養のない私にとっては「花より団子」というわけで、桜の季節になると食べたくなるのが桜餅(さくらもち)です。桜餅には関東風の「長命寺」と関西風の「道明寺」がありますが、私にとって馴染み深いのは、やはり関東風の「長命寺」です。これは享保2年(1717年)、隅田川沿いにある長命寺の門番・山本新六が、桜の落葉の処分から思いつき、桜の葉を塩漬けにして、薄い皮に餡を包んだものに巻いて売り出し大評判になった、という歴史ある春の和菓子です。今でも、隅田川沿い向島の長命寺門前で売られ、関東ではこのタイプの桜餅が主流です。最近は和菓子屋さんでどちらもよく見かけますから、お好みで選び、歌人西行の気分で、桜と一緒に味わってみるのも楽しいのではないでしょうか。


2020年3月1日

文 栃木の武将藤原秀郷をヒーローにする会 局長/岡田 康男

イラスト デザイナー/田代夏子

■ 次のコラムを読む(2020.4月)

■ 前のコラムを読む(2020.2月)

■ カテゴリー別

■ 最新記事

1/15

関連ページ

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Google+ Icon
  • White Instagram Icon
SDG's_ロゴ2-02.png
栃木の武将『藤原秀郷』をヒーローにする会

〒320-0057 栃木県宇都宮市中戸祭1-4-5

☎︎ 028-622-5156 

私たちは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

みやもと_ロゴ_アートボード 1.png
2020mecenat-mark_yoko2.png

この活動はメセナ協議会に認定されました。

COPYRIGHT 2000-2020 MIYAMOTO CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.