検索

【第25回】 リアル鬼滅 鬼を人造人間に!?

最終更新: 2月1日


はじめての歴史ブログ 第25回

ライター記者:ゆめか




みなさんこんにちは!

前回の記事では、秀郷の子孫「皆川氏」についてみなさんと一緒に見ていきました!

▼前回の「栃木の武士 栃木市」の記事はこちらから▼

https://www.bando-bushi.com/post/20210116

さて!今回のブログに参りましょう!

今回は少し(というより大幅に…汗)予定を変更して、最近面白い事実を発見した秀郷の子孫の1人について書いていきたいと思います!(レッツゴー!)



■今話題の本「鬼滅の日本史」

タイトルを見て、いきなりなんだ!?と思われた方も多いかと思います!

みなさんは、『鬼滅の刃』を読んだことはありますか?

私は初めの方のストーリーしか知らないのですが、、

つい先日、理事から「鬼滅の日本史」という本を貸して頂きました。



(右が「鬼滅の日本史」)

なんとこの本、想像以上に秀郷推しが強く、初めから最後までここまで秀郷が鬼滅の刃のモデルになっていたんだ!!と気づかされるばかりで、、とにかく面白いんです!!


みなさんもきっと「へぇ~」と思ってしまう内容ばかりです。




(決して押し売りをしている訳ではありません。。圧を感じてしまったらすみません汗)

NHK大河ドラマ「麒麟が来る」の監修を行っている小和田哲男先生がこの本も監修されているとのことで、史実を元にしている説得力のある内容が盛りだくさんです!(キラキラ)


▼小和田先生について▼

https://office-owada.com/

その大和田先生の「鬼滅の日本史」の中に興味深い、秀郷の子孫の話を発見しました♪



■リアル縁壱零式 人造人間の作り手 「西行」

鬼滅の刃』には「縁壱零式 よりいちぜろしき」というキャラクターが登場するらしいのですが、このキャラクターは伝説の剣士・継国縁壱(つぎくによりいち)をモデルに作られた人造人間です。


実は、平安時代にもこのように人造人間を作る者がいたという記述があるようなのです!(えっ!)


その人造人間の作り手こそが、藤原秀郷の子孫「西行法師 さいぎょうほうし」です!!




西行は元々武士だったものの、”出家(世俗を離れ、家庭生活を捨て仏教コミュニティに入ること)をして、寂しい日々を送っていた中、白骨化した鬼を見つけてその骨を集めて人間を作ったという話がある”と記述があります。


でも、結局作り上げた人間は ”血相が悪く、声も細く、人の心がなかった”と続けてこの本に書いてありました。



友人や家族と長い時間会えなかったり、一人でいることが多くなってしまったこのご時世、

なんだか個人的に、よく人形に話しかけちゃうのと西行が人造人間を作りたかった気持ちが少しだけ似てる気がしてきました…(泣)



■本当に秀郷の子孫?!


でも、秀郷の子孫なのに「西行?法師?」と名前からして「ん?」と思われるかもしれません。


それもそのはず!(私も案の定少し疑ってしまいました笑)

そこで!武士図鑑で西行を調べてみると、彼の元の名前は「佐藤義清 さとうのりきよ」と秀郷の子孫を連想させる姓がついています!!!

先程「出家」というワードが出てきましたが、実は元々は武勇に優れていて、若くして偉い地位を任せられていたとのことです。


そして、和歌や故実も優れていたことで知られていた中で、彼は出家を選択したとのことなのです。その理由はミステリーですが、その理由が人造人間を作るきっかけになったのかもしれません。。。!(ジロリっ) ▼鬼滅の刃について▼

https://kimetsu.com/



ますます『鬼滅の刃』と『藤原秀郷』の関係性が深まってきている感じがします♪

今後も、面白い秀郷情報を見つけて発信していきたいと思います!


▼▼西行(佐藤義清)についてもっと詳しく知りたい!▼▼

(画像をクリック♪)















▼▼西行と栃木にヒーロー『藤原秀郷』の繋がりを系譜でチェック!▼▼










はい!今回のブログはここまでとします!

最後までブログを読んでくださりありがとうございました!

次回は、前回お伝えした、栃木の武士!「那須氏」について書いてみようと思います!

今後とも歴史初心者ブログを応援よろしくお願いします☆

では!次回のブログでお会いしましょう~♪

*English summary*

In this blog, I would like to talk about Saigyo- Hoshi who is known as one of the descendants of Fujiwara no Hidesato. He used to be a brave samurai who enjoys poetry and culture. He decided to be a monk for many reasons which are in mystery. He has a story about creating an “artificial human” like a robot. In the story, he had this idea from the Japanese demon/ Oni, that he gathered borns of demons and recreated a human. Eventually, he found it very sad as the artificial human didn’t have emotions like a real human.




▼ 下のタグから共通記事・ページをご覧いただけます♪ ▼

42回の閲覧

■ カテゴリー別

■ 最新記事

1/18

関連ページ

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram
栃木の武将『藤原秀郷』をヒーローにする会
​一般社団法人 武将伝説

〒320-0057 栃木県宇都宮市中戸祭1-4-5

☎︎ 028-622-5156(株式会社みやもと) 

みやもと_ロゴ_アートボード 1.png

COPYRIGHT 2000-2020 MIYAMOTO CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.